細菌検査処理システム 菌太郎
菌太郎 「菌太郎」は細菌検査業務に関わるデータ処理を行なうソフトウェアです。 検体受付から、塗抹・培養・同定・感受性検査のそれぞれにおけるワークシート発行・検体ラベル発行、自動判定装置へのオーダー・結果自動取込、結果入力、結果成績書発行までの一連の処理ができるのが特徴です。 医療機関の検査室、受託検査センター、いずれにも対応可能です。

MEオンライン

  • 各社MEとのオンラインデータ交換が可能
    各社各機種のMEとのオンラインデータ交換ソフトパッケージをオプションで選択することで、貴施設でご使用になるMEとのオンラインデータ交換を実現します。
このページの一番上へ

薬剤感受性

  • 同定菌に従った薬剤選択
    同定菌コードの入力の時点で、同定菌コードに対応する薬剤のパターンをマスタ登録に従って決定し、感受性薬剤の依頼を発生させます。(依頼書に従った追加薬剤の依頼登録も出来ます。)
  • 菌株別の感受性結果入力
    菌株毎に別ページで結果入力するため、入力ミスがおこりにくく、薬剤数の制限も(論理上)ありません。
このページの一番上へ

入力データのチェック

  • 同定菌と薬剤感受性の相関チェック
    入力された同定菌コードと、それに対して入力された薬剤の感受性結果データの間で、マスタ登録に従って相関チェックを行い、警告リストを印刷します。
このページの一番上へ

抗酸菌検査

  • オプションの抗酸菌検査サブシステム
    抗酸菌検査も実施している施設のために、抗酸菌検査のためのシステムも用意しています。一般細菌との同時受付から、専用のラベル、ワークシート、結果入力画面、成績書等、全機能にわたってサポートしています。
このページの一番上へ

統計、精度管理

  • 統計資料用のテキストデータの作成
    ユーザーが独自の統計資料、精度管理資料を作成するために、菌太郎標準フォーマットのテキストデータ(同定菌用、感受性用、塗抹用の3種)をF/DまたはH/Dに出力します。
このページの一番上へ

動作環境

OS Windows 7
必要メモリ 上記OSが快適に動く環境
必要ソフト Microsoft 2010,2013(32bit版)
必要ハードディスク プログラム約10MB , データ約2KB/検体
ディスク容量 上記OSが快適に動く環境
 ※Microsoft、Windowsは米国マイクロソフト社の登録商標です。
⇒ お問い合わせはこちら
このページの一番上へ



お問い合わせ サイトマップ