平成24年「感染防止対策加算」新設 (2012年 2月11日)

2012年度診療報酬改定で、感染症対策および医療安全の観点から、入院初日に1回算定できる、感染防止対策加算が新設された。

 ①感染防止対策加算1:400点

 ②感染防止対策加算2:100点

 ③感染防止対策地域連携加算:100点

これらの加算に伴い、医療安全対策加算の感染防止対策加算の100点は廃止された。

狙いは、より院内における感染防止対策の評価を充実させ、院内感染対策に関する取組を推進することである。

「院内感染防止対策チーム」の主な業務は、週1回程の院内を巡回し、院内感染事例の把握を行うとともに、院内感染防止対策の実施状況を確認、記録を残すこと。

また、サーベイランス等の情報を分析し、効率的な感染対策に役立てることである。

そこで「診感染」が煩雑な作業を強力にバックアップします。

★★院内感染防止対策ソフト「診感染」★★ 

http://www.ksd-japan.com/software/shinkansen.html

JANISへ提出するサーベイランスデータフォーマットで出力できます。

※帳票「アンチバイオグラム」が出力できます。

 

→ 一覧へ戻る


このページの一番上へ



お問い合わせ サイトマップ