健診ソフト「健康一番」は基準値の変化に対応します (2014年 5月 1日)

平成26年4月に、日本人間ドック学会と健康保険組合連合会が「血圧や肥満度などについて健康診断や人間ドックで『異常なし』とする値を緩めると発表した」と報じました。

この記事がマスコミ各社で大きく取り上げられ、多くの誤解を招くとともに、各方面からの批判の声も飛び交うような状況となりました。

 

この状況を受けて人間ドック学会が4月7日付で、改めてマスコミ向けに発表した文書では、

・健診の現場で使える判定基準をこれから作成して行く。

・基準が性別、年齢別によって数値が違うものがあるという事実を報告した段階である。

という内容がありました。

 

…ということは、

近い将来、性別×年齢別の判定基準を学会から発表する流れにあり、これからの健診ソフトには対応が必要になる。と思われます。

 

そこで、ケー・エス・ディーは、健診ソフト「健康一番」のパッケージソフトで、この変化に対応致します。

 詳しくは、下記URLをご参照下さい。

 

■健診ソフト「健康一番」

http://www.ken1-ksd.com/

 

 

★★健診ソフト「健康一番」は時代の変化に対応致します★★

・各健診項目ごとの性別×年齢範囲の判定基準に対応

・各基準値の有効期限が設定に対応(世代管理)

・基準値判定結果による自動判定設定も

  性別・年齢別・有効期限別の設定に対応

・受診者(健保、企業等)ごとの異なる判定基準値、自動判定設定に対応

 

お電話(06-6251-1012)又はMAIL(system@ksd-japan.com)まで、お気軽にお問合せ下さい。

→ 一覧へ戻る


このページの一番上へ



お問い合わせ サイトマップ