健診ソフト「健康一番」は基準値の変化に対応します (2014年 5月30日)

 「新たな健診の基本検査の基準範囲」の発表がありました。

下記の資料がわかりやすいのでご紹介させて頂きます。

 

■新たな健診の基本検査の基準範囲(健康保険組合連合会)

http://www.kenporen.com/include/press/2014/2014040902.pdf

kijyunchi.png

 

資料の内容では、年齢別の基準範囲が、3グループに分かれてます。

・30-44歳 (壮年期)

・45-64歳 (中年期)

・65−80歳 (高齢者)

 

そして、基準値に年齢差を認めるのは下記の項目とのことです。

<男性>

・アルブミン (ALB)

<女性>

・AST

・HbA1c (NGSP値)

・アルカリホスファターゼ (ALP)

・総コレステロール(TC)

・LDLコレステロール(LDL-C)
・FW LDL-C
・Non HDL-C
<男性・女性>
・e-GFR
 
これからの健康診断には年齢別基準値が必要になると思われます。
そこで健診ソフト「健康一番」はこの変化に対応致します。
 
■健診ソフト「健康一番」 
www.ken1-ksd.com
 
 

★★健診ソフト「健康一番」は時代の変化に対応致します★★

・各健診項目ごとの性別×年齢範囲の判定基準に対応

・各基準値の有効期限が設定に対応(世代管理)

・基準値判定結果による自動判定設定も性別・年齢別・有効期限別の設定に対応

・受診者(健保、企業等)ごとの異なる判定基準値、自動判定設定に対応

 

お電話(06-6251-1012)又はMAIL(system@ksd-japan.com)まで、お気軽にお問合せ下さい。

→ 一覧へ戻る


このページの一番上へ



お問い合わせ サイトマップ