総務省【クラウド時代の医療ICTの在り方に関する懇談会_報告書】公表 (2015年 11月17日)

 11月13日総務省は、クラウドやモバイル、8Kといった新たなICT技術を活用した「クラウド時代の医療ICTの在り方に関する懇談会」の報告書を公表しました。

病院・診療所などをICTで結ぶ医療情報連携ネットワーク(EHR)について、国民一人ひとりに、自らの健康・医療情報を還元し、さまざまなサービスに活用できる仕組み(PHR)を整えて、もっと推進していくとのこと。

健診システム「健康一番」サイトのトピックスでもご紹介しておりますが、下記の総務省URLもご参照下さい。
 
■総務省:http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000114.html
 
 
 
 
 
 
 
 

★★健診システム「健康一番」は時代の変化に対応するソフトウェアです★★

・各健診項目ごとの性別×年齢範囲の判定基準に対応

・各基準値の有効期限が設定に対応(世代管理)

・基準値判定結果による自動判定設定も性別・年齢別・有効期限別の設定に対応

・受診者(健保、企業等)ごとの異なる判定基準値、自動判定設定に対応

 

お電話(06-6251-1012)又はMAIL(system@ksd-japan.com)まで、お気軽にお問合せ下さい。

 

 

→ 一覧へ戻る


このページの一番上へ



お問い合わせ サイトマップ